研究/各研究の話/2012年度 の変更点


-[[木島康隆:強化学習におけるセンサの重要度に応じた効率的な意思決定(Efficiently Decision making in reinforcement learning based on importance of sensor)>研究/ResearchActivity/2012年度/01]]
--[[梅津祐介:複数センサを用いた高精度センシング>研究/ResearchActivity/2012年度/09]]
-[[梅津祐介:複数センサを用いた高精度センシング>研究/ResearchActivity/2012年度/09]]
-[[北山直樹:センサ情報に基づく動きの知識化-微分情報を用いた動作時間の抽象化->研究/ResearchActivity/2012年度/02]]
-[[杉本大志:内部状態と行動をベースとした ロボットの内部状態予測手法の提案 >研究/ResearchActivity/2012年度/03]]
-[[高泉昇太郎:MASによるシングルロボットの行動学習‐学習空間の異なるエージェント群による意思決定‐>研究/ResearchActivity/2012年度/04]]
-[[三浦丈典:複数目的下での行動学習手法の提案>研究/ResearchActivity/2012年度/05]]
-[[木村敏久:センサの重要度に応じた学習空間の動的構成>研究/ResearchActivity/2012年度/06]]
-[[挟間重直:Motion Space TSにおける動作生成手法の提案-シミュレーションによる動作検証->研究/ResearchActivity/2012年度/07]]
-[[平間経太:経験情報に基づく不完全知覚の解決-確率的手法による知識量の抑制->研究/ResearchActivity/2012年度/08]]