研究/各研究の話/2011以前 の変更点


-2011年度
--[[木島康隆:センサ情報の自律的選択による行動学習の効率化(Efficient learning by making a choice of important sensors)>研究/ResearchActivity/2011-001]]
--[[中南義典:ロボットの認識能力の変化が学習に及ぼす影響について-センサの能力の違いが強化学習の学習効率に及ぼす影響->研究/ResearchActivity/2011-002]]
--[[宮崎愛央:不完全知覚に対する状態認識法の提案-経験情報に基づく現状態の推定->研究/ResearchActivity/2011-003]]
--[[梅津祐介:複数領域を用いた異常検出システム>研究/ResearchActivity/2011-004]]
--[[北山直樹:センサ情報に基づく動きの知識化>研究/ResearchActivity/2011-005]]
--[[澁谷和:強化学習における情報量を用いた探索と利用の自律的制御>研究/ResearchActivity/2011-006]]
--[[杉本大志:未知環境に対応できる Multi-Objective SVR の提案 --- ロボット制御への応用 --->研究/ResearchActivity/2011-007]]
--[[高泉昇太郎:マルチエージェントによるシングルロボットの行動学習に関する研究>研究/ResearchActivity/2011-008]]
--[[沼田利伸:センサ情報の自律的選択による効率的な行動選択の実現>研究/ResearchActivity/2011-009]]
--[[三浦丈典:バッテリー残量に応じた行動選択を行う学習システムの提案>研究/ResearchActivity/2011-010]]

-2010年度
--[[木島康隆:センサ情報の解釈による個体の効率的知能発達>研究/ResearchActivity/2010-001]]
--[[中南義典:環境認識能力の変化が学習に及ぼす影響について>研究/ResearchActivity/2010-002]]
--[[宮崎愛央:不完全認識における状態の切り分け(仮)>研究/ResearchActivity/2010-003]]
--[[梅津祐介:自律異常検知システムの実現>研究/ResearchActivity/2010-004]]
--[[北山直樹:ロボットにおける動きの知識化-データ空間の自動分割の実現->研究/ResearchActivity/2010-005]]
--[[澁谷和:確率表現を用いた報酬非依存型知識の提案>研究/ResearchActivity/2010-006]]

-2009年度
--[[池田憲弘:動きの汎化によるロボット操作システムの提案>研究/ResearchActivity/2009-001]]
--[[木島康隆:コミュニケーション相手の取捨選択による個体知能の効率的発達>研究/ResearchActivity/2009-002]]
--[[宮崎愛央:強化学習における報酬非依存型知識の利用>研究/ResearchActivity/2009-003]]
--[[中南義典:環境認識能力の変化が学習効果に及ぼす影響について>研究/ResearchActivity/2009-004]]


-2008年度
--[[尾上由希子:環境認識能力の変化が学習効果に及ぼす影響について>研究/ResearchActivity/2008-003]]
--[[木島康隆:群の中の個体の知能の発達>研究/ResearchActivity/2007-003]]
--[[池田憲弘:多自由度を有するロボットに関する教示システムの提案>研究/ResearchActivity/2007-004]]
--[[池田善治:強化学習における状態空間の自動決定>研究/ResearchActivity/2008-001]]
--[[黒滝麗子:汎用ロボットに対する異常検出システムの実現>研究/ResearchActivity/2008-002]]
-2007年度
--[[幾世橋将文:ロボットの動きに関する新しい表現方法>研究/ResearchActivity/2007-002]]
--[[木島康隆:群の中の個体の知能の発達>研究/ResearchActivity/2007-003]]
--[[池田憲弘:多自由度を有するロボットに関する教示システムの提案>研究/ResearchActivity/2007-004]]
-2006年度
--[[尾上:痛覚を組み合わせた,ロボットの行動学習>研究/ResearchActivity/2006-001]]