研究/各研究の話/2017年度 の変更点


#author("2018-05-07T19:27:20+09:00","ldap:nek","nek")
#author("2018-05-07T19:28:08+09:00","ldap:nek","nek")
-高田陽:反復合議型MARLを用いた単体ロボットの行動学習 -非同期的な意思決定による対故障性の実現-
--&ref(research_activity_takada.pdf);
-柾拓也:複数タスクにおける優先度を用いた行動選択-優先度の動的更新による行動の安定化と効率化-
--&ref(research_activity_masaki.pdf);
-石塚 昌也:センサ入力による報酬の自己生成-予測による好奇心の生成と能動的探索の実現-
--&ref(research_activity_ishizuka.pdf);
-白倉聖也:Adaptation to multi tasks by reflecting person hope degree for importance
--&ref(research_activity_shirakura.pdf);
-櫻庭康平:MARLを用いた単体ロボットの行動学習 -エージェントの融合・分離による協調システムの実現-
--&ref(research_activity_sakuraba.pdf);
-井澤尚志:反復合議型MARLにおける行動学習‐ゆらぎを用いた協調動作の促進‐
--&ref(research_activity_izawa.pdf);
-伊藤翠那:音入力に対する強さと予測性を用いた報酬の自己生成
--&ref(research_activity_itoh.pdf);
-井上昂浩:単体ロボットにおける行動学習 -効率的な試行錯誤を目指したヘテロジニアスMARLシステムの実現-
--&ref(research_activity_inoue.pdf);
-今田大聖:カウンセリングロボットによる頷きの傾聴効果の検証-発話量を基とした定量的評価の提案-
--&ref(research_activity_imada.pdf);
-大沢航洋:複数タスク下における優先度を用いたロボットの行動選択-ヒステリシスを持つ優先度によるタスク達成の効率化-
--&ref(research_activity_oosawa.pdf);
-下口侑也:人-ロボット間の相互作用による達成依頼度の決定-相対評価を用いた個人差への適応-
--&ref(research_activity_shimoguchi.pdf);