ゼミのお話/ロボット工学者養成所/一覧/シリアル通信によるデバイス制御/プログラム骨子の概要 の変更点


-通信のための準備・終了処理
--16行目から46行目までがシリアル通信を行うための準備の部分である.基本的にプログラムによってあまり変更がないので,丸覚えでもかまわない.
--53行目から56行目までがシリアル通信を終了させるための後始末の部分である.基本的にプログラムによって変更はないので,丸覚えでもかまわない.
-メインプログラム
--48行目から51行目までがシリアル通信を使ったプログラムの部分である.ここで,自分の考えた処理を行わせる.特に51行目が重要であり,write関数によって接続機器に情報を送信している.
---read関数:受信(接続機器 から Armadillo-300に情報伝達)
---write関数:送信(Armadillo-300 から 接続機器に情報伝達)
-基本的には,「通信のための準備・終了処理」の部分は殆ど定型であり,丸覚えでかまわない