コンピュータ系/ソフトウェア/NetBSD Package Collection(pkgsrc)/設定/ファイル/mk.conf の変更点


[[up>コンピュータ系/ソフトウェア/NetBSD Package Collection(pkgsrc)/設定/ファイル]]
----
-ディレクトリ:/etc
-ファイル名:mk.conf
-役割:pkgsrcの基本設定
-備考:
-default設定 
--pkgsrc/mk/defaults/mk.conf
-変更したい場合 
--/etc/mk.conf に変更分を書き込む
---このファイルは自動的に作られないから,defaultのmk.confを手動でコピーする
----
#contents
----
**例: [#v636fefb]
[[X11_TYPE>#X11_TYPE]]=modular~
[[ALLOW_VULNERABLE_PACKAGES>#ALLOW_VULNERABLE_PACKAGES]]=yes~
[[MAKE_JOBS>#MAKE_JOBS]]=3~
~
[[VARBASE>#VARBASE]]=/var~
[[PKG_DBDIR>#PKG_DBDIR]]=/var/db/pkg~
[[LOCALPATCHES>#LOCALPATCHES]]=/usr/pkgsrc/local/pkgsrcpatches~

[[WRKOBJDIR>#WORKOBJDIR]]=/usr/work
[[DISTDIR>#DISTDIR]]=/usr/distfiles


~
**コマンド一覧 [#l012d31c]
***ALLOW_VULNERABLE_PACKAGES &aname(ALLOW_VULNERABLE_PACKAGES); [#bb5d00d8]
役割:~
書式:
-{yes|no}

***DISTDIR &aname(DISTDIR); [#qbecc412]
役割:配布物の保存ディレクトリ~
書式:
-***
--ディレクトリ指定

***LOCALPATCHES &aname(LOCALPATCHES); [#bb5d00d8]
役割:自作パッチの場所指定.これを指定しておき,[$LOCALPATCHES]/multimedia/ffmpeg/ 以下にパッチを置いておくと,自動的にパッチが当たる~
書式:
-***
--自作パッチのトップディレクトリ
---各ソフトウェアのパッチは,[$LOCALPATCHES]以下に作成
---例:
~$LOCALPATCHES=/usr/pkgsrc/localpatches
~/usr/pkgsrc/multimedia/ffmpeg/の自作パッチpatch-my-aa
~パッチは
~/usr/pkgsrc/localpatches/multimedia/ffmpeg/patch-my-aa

***MAKE_JOBS &aname(MAKE_JOBS); [#bb5d00d8]
役割:並列にmakeを行うための設定.並列でこける場合には,これを無効にするか,個々のMakeで Make MAKE_JOBS_SAFE=NO installとする~
書式:
-***
--数値
---プロセッサの数の前後くらい?

***PKG_DBDIR &aname(PKG_DBDIR); [#bb5d00d8]
役割:データベースのディレクトリ位置~
書式:
-***
--default:/var/db/pkg
---default変えたらやばそう?

***WORKOBJDIR &aname(WORKOBJDIR); [#t1dd9d1e]
役割:作業ディレクトリの指定~
書式:
-***
--ディレクトリ指定

***VARBASE &aname(VARBASE); [#bb5d00d8]
役割:varのディレクトリ位置~
書式:
-***
--default:/var
---default変えたらやばそう?

***X11_TYPE &aname(X11_TYPE); [#bb5d00d8]
役割:~
書式:
-modular
--
-native
--NetBSD5.0以降はこちらの方がいいかも(未検証)

//***hostname &aname(hostname); [#bb5d00d8]
//役割:~
//書式:
//-