研究/その他/PPL/20150420-01 のバックアップの現在との差分(No.2)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
認知発達ロボティクスの考えをもとに,現在行っている研究です.詳しくは[[こちら>研究/テーマ]].

#iframe(https://onedrive.live.com/embed?cid=6333A57BC13FB404&resid=6333A57BC13FB404%211360&authkey=AP1GVQQ0L3x7mAo&em=2,style=width:650px;height:500px;)

-内部構造・ロボットの知的システムに関する研究
--目的発見
---[[小橋遼:報酬の差異による単体サブゴール発見手法の提案>研究/ResearchActivity/2013年度/07]]

--多目的下意思決定
---小橋遼:複数タスクに対する意思決定手法の提案 〜外界とのインタラクションによるタスクの重要度の制御〜
--- 柾拓也:各タスクの優先度を用いた行動選択 -動的な優先度の更新による行動選択の効率化- &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_masaki.pdf);
--- 本間啓暉:複数タスクにおけるロボットの行動学習 -行動停止回数を基にしたパラメータの推奨領域の限定- &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_honma.pdf);

--評価の自己獲得
---二階堂芳:外界とのインタラクションによる強化学習の報酬の自己生成
--- 二階堂芳:外界とのインタラクションによる強化学習の報酬の自己生成
--- 石塚昌也:センサ入力に対する予測性の評価を用いた報酬の自己生成手法の提案 -SVR による予測性の改善- &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_ishizuka.pdf);

--多人格モデル学習
---千葉秀平:反復合議型意思決定法によるマルチエージェント強化学習
---櫻井柊平:反復合議型意思決定法を用いた行動学習―物理シミュレータによる耐故障性の検証―
--- 高田陽:反復合議型MARL における非同期的な意思決定-信頼度を用いた故障エージェントへの対応- &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_takada.pdf);
--- 櫻庭康平:反復合議型MARL における単体ロボットの行動学習 -学習手法間における比較検証- &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_sakuraba.pdf);

--個別学習
---[[澁谷和:強化学習における探査率の動的制御>研究/ResearchActivity/2013年度/02]]
---[[平間経太:経験情報に基づく不完全知覚の解決-確率的手法による知識量の抑制->研究/ResearchActivity/2012年度/08]]

--知識獲得・活用
---川村一貴:報酬を用いたNNの学習法の提案-ロボットアームに対する行動学習-
---[[片山和宣:ロボットの状態に応じたMotion SpaceTSの実現-物理エンジンを用いたシミュレータによる検証->研究/ResearchActivity/2013年度/06]]
---[[北山直樹:センサ情報に基づく動きの知識化-微分情報を用いた動作時間の抽象化->研究/ResearchActivity/2012年度/02]]
---[[挟間重直:Motion Space TSにおける動作生成手法の提案-シミュレーションによる動作検証->研究/ResearchActivity/2012年度/07]]


--センサの取捨選択
---[[木島康隆:強化学習におけるセンサの重要度に応じた効率的な意思決定(Efficiently Decision making in reinforcement learning based on importance of sensor)>研究/ResearchActivity/2012年度/01]]
---[[木村敏久:センサの重要度に応じた学習空間の動的構成>研究/ResearchActivity/2012年度/06]]

-外部構造・ロボットを取り巻く環境に関する研究
--状況の未来予測
---杉本大志:A Study on the State-Action Pair Prediction for Robot
--- 杉本大志:A Study for State-action Pair Predictions &ref(/研究/各研究の話/2015年度/research_activity_sugimoto.pdf);
---[[梅津祐介:複数センサを用いた高精度センシング>研究/ResearchActivity/2012年度/09]]

--知能発現のための環境考察
---[[中南義典:ロボットの認識能力の変化が学習に及ぼす影響について-センサの能力の違いが強化学習の学習効率に及ぼす影響->研究/ResearchActivity/2011-002]]


-内部と外部の相互作用・自己と他者との関係性に関する研究
--協調学習(コミュニケーションによる個の発達)
---[[木島康隆:コミュニケーション相手の取捨選択による個体知能の効率的発達>研究/ResearchActivity/2009-002]]
--- 白倉聖也:人からの教示による報酬の自己生成〜マルチタスクへの適応〜 &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_shirakura.pdf);
--- 関恵莉菜:Counseling Agent における頷き動作を用いた人との信頼関係の構築 &ref(/研究/各研究の話/2016年度/research_activity_seki.pdf);