ゼミのお話/一覧/プログラミング演習初級・バンディット/共通/N本腕バンディットオブジェクトファイル説明 の変更点


-配布ファイル
--ヘッダーファイル名: bandit.h
--オブジェクトファイル名:bandit**.o
---**は任意の数字
-バンディット関数
--void init_bandit(void)
---バンディットの初期化.最初に一回使用する必要あり.
--double bandit(int arm)
---バンディットのゲームを1回行う
---引数:arm:選択する腕.N本腕の場合には,1〜Nの数.
---返り値:報酬は正の値.はずれている場合は0.0となる.選択した腕(arm)がおかしい場合は-1.0となる.
--int get_arm_num(void)
---選択可能な腕の数を知るための数.必要があれば使用.
---返り値:選択可能な腕の数.
-注意
--srandは使用しないこと!
---乱数を使用する場合,srand()とrand()を使用する.ここで,srand()は乱数を使用するための初期化処理であり,プログラム中に一回のみの実行となる.一方,rand()は乱数を発生する関数であり,乱数が欲しい場合には毎回呼び出す.ここで,srandはinit_bandit()関数の中で実行しているので,プログラム中では絶対に使用しないこと!