ゼミのお話/ロボット工学者養成所/一覧/Armadillo300/TeraTerm/シリアル通信準備 の変更点


-TeraTerm起動
-「TeraTerm:新しい接続」の画面にてキャンセル
-設定(S)-シリアルを選択し,下記の画面

#ref(ゼミのお話/ロボット工学者養成所/写真/TeraTermSetting.jpg,zoom,480x240)
--図1 TeraTerm 設定

-以下で設定
--ポート
---USBtoシリアル変換ケーブルで使用しているポート
---一般に繋げているポートが自動的にでる.
--転送レート
---115,200bps
--データ長
---8bit
--ストップビット
---1bit
--パリティ
---なし
--フロー制御
---なし
-リセットボタンを押して起動確認

#ref(ゼミのお話/ロボット工学者養成所/写真/TeraTermConnect01.jpg,zoom,480x240)
--図2 起動確認

#ref(ゼミのお話/ロボット工学者養成所/写真/1278330903-picsay.jpg,zoom,480x240)
--図3 リセットボタンの位置

-その他
--起動確認できない場合
---windowsのデバイスマネージャーからUSBtoシリアル変換ケーブルのプロパティを選択し,詳細設定からポート番号を変更してみる
--表示がおかしくなった場合
---文字が遅れて表示されるなど,表示がおかしくなることがある.この場合,TeraTermの再起動をすること(armadillo300の再起動は不必要)