ゼミのお話/ロボット工学者養成所/一覧/Armadillo300/演習のための直前準備 の変更点


-全ての電源が入っていることを確認
-TeraTermでarmadillo300にログインできていることを確認
-演習用のディレクトリを作成し,そのディレクトリに移動していることを確認
--演習後は消すこと
--演習用ディレクトリにて,プログラムファイルを作成し,コンパイル,実行を行うこと.
--コンパイル例:プログラムファイル:sample.c, 実行ファイル:sample
---gcc sample.c -o sample
--実行
---./sample