研究/その他/PPL/20190516-01 のバックアップの現在との差分(No.1)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#author("2019-05-16T20:06:54+09:00","ldap:nek","nek")
認知発達ロボティクスの考えをもとに,現在行っている研究です.詳しくは[[こちら>研究/テーマ]].
#author("2020-05-08T15:26:44+09:00","ldap:nek","nek")
- 汎用的な価値観の設計
-- 二階堂芳:外界とのインタラクションによる強化学習の報酬の自己生成
--- &ref(/研究/各研究の話/2014年度/nikaido.pdf);
--石塚 昌也:複数センサを用いた報酬の自己生成-危険回避を重視したセンサの重要度の決定-
---&ref(/研究/各研究の話/2018年度/research_activity_ishizuka.pdf);
--福澤航大:複数センサを用いた報酬の自己生成 -少数センサの単体評価とセンサ間の関連付けによる報酬生成-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_fukuzawa.pdf);
--Afiqe Anuar:汎用的な評価指標を用いた報酬の自己生成 -センサ入力に対する多面的評価の提案と危険検知の向上-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_afiqe.pdf);
--近藤奏介:Hebb則を用いた複数センサの関連付けによる報酬の自己生成
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_kondo.pdf);

#iframe(https://onedrive.live.com/embed?cid=6333A57BC13FB404&resid=6333A57BC13FB404%211360&authkey=AP1GVQQ0L3x7mAo&em=2,style=width:650px;height:500px;)
- タスク発見
--下口侑也:欲求-動機モデルを用いたロボットの意思決定~評価とセンサの相関関係に基づくタスクの自律獲得~
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_shimoguchi.pdf);
--白倉聖也:環境変化に起因する報酬構造の変化への適応〜ロボットの学習空間の生成・選択による再学習の回避〜
---&ref(/研究/各研究の話/2018年度/research_activity_shirakura.pdf);

-内部構造・ロボットの知的システムに関する研究
--目的発見
---[[小橋遼:報酬の差異による単体サブゴール発見手法の提案>研究/ResearchActivity/2013年度/07]]
- マルチタスク下での意思決定
--大沢航洋:優先度を用いた複数タスク下の意思決定-行動の細分化による効率的なタスク達成の実現-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_oosawa.pdf);
--下口侑也:欲求-動機モデルを用いたロボットの意思決定~評価とセンサの相関関係に基づくタスクの自律獲得~
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_shimoguchi.pdf);
-- 白倉聖也:Adaptation to multi tasks by reflecting person hope degree for importance
--- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_shirakura.pdf);
--上林拓馬:優先度を用いた複数タスク下における意思決定-優先度の部分設計による環境への適応性の向上-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_kanbayashi.pdf);
--飛世賢宏:複数タスク下におけるロボットの意思決定-探索タスク導入による学習効率の向上-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_tobise.pdf);

--多目的下意思決定
--- 柾拓也:複数タスクにおける優先度を用いた行動選択-優先度の動的更新による行動の安定化と効率化- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_masaki.pdf);
--- 大沢航洋:複数タスク下における優先度を用いたロボットの行動選択-ヒステリシスを持つ優先度によるタスク達成の効率化- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_oosawa.pdf);
- 単体ロボット内でのマルチエージェントシステム
--井上昂浩:MARLによる単体ロボットにおける行動学習 -幾何的拘束に起因した疑似学習空間の形成による学習性能の向上-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_inoue.pdf);
--松嶋龍文:単体ロボットにおける分散型深層強化学習を用いた行動学習-学習進度に基づく確率的なエージェント選択による効率的探索-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_matushima.pdf);
--後藤成海:単体ロボットにおけるHMARLを用いた行動学習-行動数の増加に応じたエージェントの除外による学習効率の向上-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_gotoh.pdf);

--評価の自己獲得
--- 二階堂芳:外界とのインタラクションによる強化学習の報酬の自己生成
--- 石塚 昌也:センサ入力による報酬の自己生成-予測による好奇心の生成と能動的探索の実現- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_ishizuka.pdf);
--- 伊藤翠那:音入力に対する強さと予測性を用いた報酬の自己生成 &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_itoh.pdf);
- 応用事例
--岡崎優:カウンセリングロボットにおける傾聴効果の改善-強化学習を用いた頷き回数の学習-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_okazaki.pdf);
--佐藤響介:深層強化学習を用いたPID制御の性能向上 -目標値に応じたゲインの動的決定-
---&ref(/研究/各研究の話/2019年度/research_activity_satoh.pdf);

--多人格モデル学習
--- 高田陽:反復合議型MARLを用いた単体ロボットの行動学習 -非同期的な意思決定による対故障性の実現- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_takada.pdf);
--- 櫻庭康平:MARLを用いた単体ロボットの行動学習 -エージェントの融合・分離による協調システムの実現- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_sakuraba.pdf);
--- 井上昂浩:単体ロボットにおける行動学習 -効率的な試行錯誤を目指したヘテロジニアスMARLシステムの実現- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_inoue.pdf);
--- 井澤尚志:反復合議型MARLにおける行動学習‐ゆらぎを用いた協調動作の促進‐ &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_izawa.pdf);

--個別学習
---[[澁谷和:強化学習における探査率の動的制御>研究/ResearchActivity/2013年度/02]]
---[[平間経太:経験情報に基づく不完全知覚の解決-確率的手法による知識量の抑制->研究/ResearchActivity/2012年度/08]]

--知識獲得・活用
---川村一貴:報酬を用いたNNの学習法の提案-ロボットアームに対する行動学習-
---[[北山直樹:センサ情報に基づく動きの知識化-微分情報を用いた動作時間の抽象化->研究/ResearchActivity/2012年度/02]]


--センサの取捨選択
---[[木島康隆:強化学習におけるセンサの重要度に応じた効率的な意思決定(Efficiently Decision making in reinforcement learning based on importance of sensor)>研究/ResearchActivity/2012年度/01]]
---[[木村敏久:センサの重要度に応じた学習空間の動的構成>研究/ResearchActivity/2012年度/06]]

-外部構造・ロボットを取り巻く環境に関する研究
--状況の未来予測
--- 杉本大志:A Study for State-action Pair Predictions &ref(/研究/各研究の話/2015年度/research_activity_sugimoto.pdf);
---[[梅津祐介:複数センサを用いた高精度センシング>研究/ResearchActivity/2012年度/09]]

--知能発現のための環境考察
---[[中南義典:ロボットの認識能力の変化が学習に及ぼす影響について-センサの能力の違いが強化学習の学習効率に及ぼす影響->研究/ResearchActivity/2011-002]]


-内部と外部の相互作用・自己と他者との関係性に関する研究
--協調学習(コミュニケーションによる個の発達)
---[[木島康隆:コミュニケーション相手の取捨選択による個体知能の効率的発達>研究/ResearchActivity/2009-002]]
--- 白倉聖也:Adaptation to multi tasks by reflecting person hope degree for importance &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_shirakura.pdf);
--- 下口侑也:人-ロボット間の相互作用による達成依頼度の決定-相対評価を用いた個人差への適応- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_shimoguchi.pdf);
--- 今田大聖:カウンセリングロボットによる頷きの傾聴効果の検証-発話量を基とした定量的評価の提案- &ref(/研究/各研究の話/2017年度/research_activity_imada.pdf);