ゼミのお話/一覧/プログラミング演習初級・バンディット/共通/レポート作成時のデータとり のバックアップの現在との差分(No.1)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
-レポートに実行結果を貼り付ける方法
--レポートに実行結果を貼り付ける場合,作成したプログラムをx11(kterm)上で実行し,その結果をコピーしてemacsに貼り付ける必要がでてくる.しかし現在,コンピュータの問題で,x11(kterm)上の日本語をemacsにコピーして張り付けることが出来ない.
--ここでは,レポートに実行結果を貼り付ける2つの方法を提示しておく.やりやすい方法で実行結果をレポートに貼り付けること.
-script
--scriptというコマンドで,x11(kterm)上の表示されている文字情報を全て記録することができる.x11(kterm)上で
---script 
--とコマンドを打つと,それ以後の表示が全て記録される.これを終了するには
---C-d (Control キーを押しながらd) 
--を入力する.すると script というコマンドを入力したところからC-dを押したところまでが "typescript"というファイルに全て記録される.
---script
---作成した実行ファイル
---C-d 
--とすることでtypescriptに実行結果を保存することができる.後は,typescriptをemacsで読み込み,コピーし,レポートの文書に貼り付ける.
--scriptでコンソールの情報を取得すると、『^M』という文字が出てくる。これを自動的に消す方法。以下のコマンドを実行。
---nkf -w -Lu --overwrite typescript 
-emacsでshell
--emacsにはシェル機能があり,emacs上でx11(kterm等)を実行することができる.やり方は,
---M-x shell (M-xはアップルキーを押しながらx) 
---M-x shell (M-xはAltキーを押しながらx) 
--とすることでemacsのウインドウが分割され,x11(kterm)と同じようなコマンド入力待ちになる.ここで作成したプログラム等を実行した結果をコピーし,レポート文書に貼り付ける.