研究/各研究の話

  • 環境情報を処理し,使う情報のみに絞り学習を行うことで学習に必要な情報量を削減する
  • これにより効率的な知能発達が実現する.
  • タスクを達成するために必要なセンサを特定するシステムを提案した
  • この手法の有効性を検証するため,同じ場でタスクが異なる実験環境を用意し実験を行った
  • 検証の結果,エージェントはタスクにあわせて適切なセンサを「必要」と判断することができていることを確認した
  • 現状では必要なセンサを特定することができてはいるが,これを用いて学習が効率的になるかどうかを検証していない
  • 今後は学習が効率的なるかを検証するための実験を行う


ResearchActivity1.png

添付ファイル: fileResearchActivity1.png 301件 [詳細]