研究/ResearchActivity/2007-002

2018-04-16 (月) 15:53:00 (66d)

研究/各研究の話

ロボットの動きに関する新しい表現

・ロボットの動きの表現方法に,面による表現を用いる.
・面は時間,ロボットのデータの空間に通りやすさと言う新しいパラメータを入れた空間上に生成される.
・今回は,通りやすさを選択頻度として定義.
・時間,ロボットのデータ,選択頻度からなる空間を頻度空間と定義.
・頻度空間において,ロボットの動きが選択頻度の高い所へ少しづつ近づいていくようにしていく.

research_activity.png