ロボット研究における背景.

他の工学分野に比べ,ロボット工学(厳密にはロボット工学という分野はないが)の発展の歴史は特異である.他の工学分野では,求められるもの・目標物というものがリアリティをもってイメージされ,その実現に向けて研究・開発が行われるのが一般的である.そこにあるのは,適度な未来のイメージと実現化を目指す努力との二人三脚である.

それに対してロボットを扱う世界では,長らく戯曲・小説・アニメ・ゲームなどフィクションの世界で描かれた"ロボット"のイメージの発展があり,対してロボットの実現化を支える科学技術の遅れがあった.これによりロボット工学における最終目標のもととなるイメージがはるか先の未来を指していると共に,目標となる"ロボット像"が人によって大きく異なるという事態を引き起こしている.このような事態はロボット工学の発展における適切なマイルストーンの設定を困難にさせる共に,各研究者個人レベルにおいても同様の問題を起し,自身の目標やスタンスを見失いやすくしているように感じる.

そこで重要となるのが背景である.

背景は単なる歴史ではなく,過去の人たちがロボットをどのように見たのか,どのように願い,発展させたのかを表すものであり,現在より先に何をみるかの重要な手掛かりを与えてくれる.現在行われている研究の背後には,それを産むもととなった研究群があり,先祖ともいえる各研究の目標・スタンスを読み取ることで全体としての共通の目標・スタンスが見えてくる.

研究の流れを植物の根に例えると,現在という時間で様々な研究を見渡すことは,ある地中の深さという断面で様々な根の切り口を見渡すことである.各々の根の切り口は種(であった部分)という一点から産まれ様々な場所へ広がっていく.ある根を選び,種から切り口までを見ることで,その根がどのような方向に伸びようとしているかを想像することができる.同じように,過去の研究から現在の研究までの背景を見ることで,自分達がどのような方向に伸びようとしているかをみることができると考えている.

当研究室では,

  • フィクションとしてのロボット
  • 働く機械としてのロボット
  • 知能のイレモノとしてのロボット

という切り口でロボット研究の背景を考えていく.