ゼミのお話/ロボット工学者養成所/一覧/シリアル通信/構造体struct termios

2018-04-16 (月) 15:53:00 (840d)
  • struct termiosはシリアルポートを含む汎用ターミナルインタフェースの設定を扱う構造体であり,定義は以下のようになっている.
    • struct termios {
      • tcflag_t c_iflag; /* 入力フラグ */
      • tcflag_t c_oflag; /* 出力フラグ */
      • tcflag_t c_cflag; /* 制御フラグ */
      • tcflag_t c_lflag; /* ローカルフラグ */
      • cc_t c_cc[NCCS]; /* 特殊制御文字の設定 */
    • };
  • 入力フラグ
    • 端末(この場合armadillo)への入力に関する設定である.特に文字入力の仕方(入力の8ビット目を落とす,パリティ検査を行うなど)を制御する.
  • 出力フラグ
    • 端末(この場合armadillo)からの出力に関する設定である.特に出力処理の実行の仕方(改行をCR/LFに変更するなど)を制御する.
  • 制御フラグ
    • 端末(この場合armadillo)のハードウェアに関する設定である.RS-232のシリアルライン(モデムの状態信号の無視,文字ごとのストップビット数など)に影響する.
  • ローカルフラグ
    • 端末(この場合armadillo)のその他の設定である.ドライバとユーザのインターフェース(エコーのオン/オフ,削除した文字の表示方法,端末生成シグナルの有無,バックグラウンドからの出力を止めるジョブ制御シグナルなど)に影響する.