ゼミのお話/ロボット工学者養成所/一覧/シリアル通信/カノニカル・非カノニカル入力方式

2018-04-16 (月) 15:53:00 (956d)
  • カノニカル入力処理(デフォルト)
    • 外部からの全ての入力は,行単位で処理される.つまり,readによって得られるデータは1行全体である.よってデータは以下のいずれかで終わる.

      NL(ASCIIのLF)

      ファイル終端

      行終端文字

      注意点としては,標準の設定ではCR(DOS/Windowsのデフォルトの行終端文字)は行終端とはならない.

  • 非カノニカル入力処理
    • read関数を呼び出す際に読み込むデータの大きさを指定する方法である.特に,プログラムが決まった文字数のキャラクタを読み込む時や,接続したデバイスが大量の文字を送ってくる場合に使用する.